10月の時候の挨拶(季節の挨拶)|上旬~下旬の書き出しと結び|ビジネスからカジュアルまで

10月の手紙の書き出しと結びの慣用表現を紹介します。

9月に引き続き、10月も過ごしやすく、身の回りに豊かな自然が観察できる時季です。さわやかな天候や美しい紅葉などの風物を挨拶の言葉に取り入れてみてはいかがでしょうか。

10月の書き出しの挨拶

漢語調(ビジネスや改まった場面に)

漢語調の挨拶は改まった印象を与えるため、ビジネスレターや儀礼的な手紙に適しています。

10月いっぱい 仲秋の候(折、みぎり)
清秋の候
秋冷の候
上旬~中旬 秋晴の候
秋涼の候
秋雨の候
紅葉の時期 錦秋の候
紅葉の候
MEMO
「候」は「折」や「みぎり」に置き換えてもOK(例:「仲秋のみぎり」)

和語調(私的な手紙や学校のおたよりなどに)

和語調の挨拶文は、漢語調の言葉よりもやわらかい印象を与えます。以下の例を参考に、自分で感じ取った季節感を表現してみてもよいでしょう。

一般的な書き出しの挨拶

プライベートな手紙や学校のおたよりなどに使える挨拶文です。ビジネスでも、相手との関係や状況によっては、親しみのあるメッセージとして利用できます。

上旬~中旬
  • 10月に入り、いよいよ秋めいてまいりました
  • 秋空が気持ちよく澄みわたる好季節となりました
  • 秋気心地よい今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか
  • 台風の厳しい被害が連日報道されておりますが、皆様ご無事でいらっしゃいますでしょうか
  • 10月とは思えないほどに日差しの強い日が続いておりますが、皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか
  • 日に日に秋が深まってきておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか
  • さわやかな秋の風が心地よく感じられる今日このごろ、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます
  • 秋の長雨が続いておりますが、お障りなくお過ごしでいらっしゃいますか
  • 心地よい秋晴れの日が続くこのごろ、お健やかにお過ごしのことと存じます
  • 雲ひとつなく澄み切った空の下、何をするにも心地よく感じられる好季節となりました
  • 実りの秋を迎え、いっそうご活躍のことと拝察いたします
  • 稲田が金色に波打つ実りの秋、いよいよご清栄のことと心よりお慶び申し上げます
  • 各地より紅葉の便りが聞かれる季節となりました
  • 木犀の甘い香りがただよう季節となりました
  • 菊薫る候、ますますご清栄のことと存じます
下旬
  • 木々の葉もようやく色づいてまいりました
  • イチョウの葉が鮮やかな黄金色に色づく季節となりました
  • 色づくけやき並木に秋の深まりが感じられる昨今、いかがお過ごしでしょうか
  • 秋冷日増しに厳しくなるこのごろですが、お健やかにお過ごしでしょうか
  • 暦の上では霜降を迎え、吹く風にも秋色の濃さを感じるころとなりました
  • 日増しに秋が深まり、朝晩は肌寒さを感じることも多くなりましたが、お元気でお過ごしでしょうか

カジュアルな書き出しの挨拶

気心の知れた相手に送る手紙に適した挨拶文です。カジュアルなおたよりや、メールの書き出しなどにもご利用ください。

上旬~中旬
  • 10月に入っても暑い日が続いておりますが、ご機嫌いかがですか
  • 秋たけなわの候、元気でお過ごしですか
  • 秋深まり、庭の柿の実も色づいてまいりました
  • スポーツの秋、ゴルフの調子はいかがでしょうか
  • すすきやコスモスに秋の風情を感じる季節となりました
  • 秋の気配もいよいよ濃くなってきましたね。お元気ですか
  • 虫たちのコーラスに秋の深まりを感じる季節となりました
  • 赤とんぼが夕焼け空を飛んでいきます。すっかり秋ですね
  • 灯火親しむ秋の夜長を満喫していらっしゃいますでしょうか
  • 味覚の秋ですが、今年もおいしいものをたくさん食べていますか
  • ハロウィンのかわいらしい飾りつけをあちこちで見かける頃となりました
  • 心地よい行楽シーズンとなりましたが、もうどこかへお出かけされましたか
  • 運動会シーズンですね。近所の小学校では子どもたちの元気な声が響いています
  • 天高く馬肥ゆる秋、来月あたりからダイエットを始めようかと画策しております
  • 心配された台風も去り、ひとまず胸をなでおろしております
  • 台風のニュースを毎日のように目にしますが、被害などありませんでしたか
  • 暑い日々がようやく終わったかと思うと台風襲来で、自然の厳しさを感じるこのごろですが、お変わりなくお過ごしでしょうか
下旬
  • 肌寒くなってきましたが、お元気ですか
  • 紅葉を眺めながらの公園散歩が楽しい季節となりました
  • 秋の日はつるべ落としと言いますが、すっかり日足が短くなりましたね
  • 10月も半ばを過ぎ、寒さがつのってきました。風邪などひいていませんか
  • ハロウィンが近づいてきましたね。みなさん仮装の準備はばっちりですか
  • 寒くなってきましたね。我が家では早くもこたつを出して冬に備えています
  • 北国からは初雪の便りも聞かれるころとなりましたが、お変わりありませんか

10月の結びの挨拶

10月は暑からず寒からずの好季節、そして「実りの秋」でもあります。相手の活躍を願う言葉や、体を気遣う言葉で手紙を締めくくるとよいでしょう。

上旬~中旬
  • 寒露の折、どうぞお身体をおいといください
  • 実りの秋、貴社ますますのご発展をお祈りいたします
  • 皆様におかれましても実り多き秋となりますことを、心よりお祈り申し上げます
  • さわやかで過ごしやすいこの好季節に、益々のご活躍をお祈りいたしております
  • 灯火親しむ秋ではありますが、体調を崩さぬよう、お体を大切になさってください
  • おいしいものが目白押しの味覚の秋ですが、食べ過ぎないようお互い気をつけましょう
  • 味覚の秋、また近いうちにおいしいものでも食べに行きましょう
  • 来週から寒くなるようなので、体には気をつけてくださいね
下旬
  • 季節の変わり目ですので、どうかご自愛専一になさってください
  • 秋冷が日ごとに加わる時季ですので、お身体を大切になさってください
  • 朝晩の冷え込みが少しずつ厳しくなってくる時季ですので、健康にはくれぐれもご留意ください
  • これから寒くなってくるので、風邪には気をつけてね

10月の挨拶文のキーワード

  • 錦秋(きんしゅう):錦(にしき)の織物のように紅葉などの自然が美しい秋を表す言葉。
  • 寒露(かんろ):二十四節気の1つで、新暦(太陽暦)の10月8日頃。また、晩秋から初冬のころにおりる冷たい露を指す言葉でもある。
  • 霜降(そうこう):二十四節気の1つで、新暦(太陽暦)の10月23日頃。
  • 灯火親しむ(とうかしたしむ):秋の涼しさと長い夜は、灯火の下での読書に適していることを表す慣用表現。
  • 天高く馬肥ゆる:空が澄みわたって高く晴れ、気候がよいことから食欲が増して馬もよく肥えるという意味。秋の好時節を表す慣用表現。
  • 秋の日はつるべ落とし:つるべは井戸の水をくみ上げる桶。つるべが井戸にまっすぐに落ちていくときのように、秋の日が暮れやすいことを表す慣用表現。

実際の季節感を考慮する

上に挙げた時候の挨拶は便宜上、上旬・中旬・下旬に分けていますが、手紙を書く際には、その年の実際の天候や、送る相手の住む地域の気候なども考慮して言葉を選ぶとよいでしょう。

 関連ページ
桜・鉛筆・ウサギ 時候の挨拶(季節の挨拶)一覧|ビジネスからカジュアルまで 鉛筆とウサギ 手紙の書き方(基本構成) 拝啓 手紙の書き出し(前文)の構成と例文 拝啓・敬具、謹啓・謹白、前略・草々 頭語と結語(拝啓・敬具など)の使い分け 敬具 手紙の結びの挨拶(締めくくりの言葉)